イタリア代表初得点を喜ぶインシーニェ

「徐々に信頼を勝ち取りたい」
イタリア代表FWロレンツォ・インシーニェは14日、アルゼンチン代表との国際親善試合で、代表初ゴールを記録した。試合には敗れたものの、同選手は試合後に喜びを表している。

イタリアは前半、今季からナポリでプレーするFWゴンサロ・イグアインに先制を許すと、後半立ち上がりにもそのイグアインのアシストから、MFエデル・バネガに追加点を決められる。終盤、インシーニェのゴールで1点を返したものの、そのまま逃げ切られ、1-2と敗れた。

インシーニェは試合後、次のように話している。イタリア『レプッブリカ』が伝えた。

「代表初ゴールは最高の気分だね。練習でもこういうシュートを試しているんだ。今日はうまくいったね。レギュラーの座? 僕は監督の選択を尊重する。ここにいるだけですでに満足なんだ。徐々に信頼を勝ち取りたい。でも、決めるのは(チェーザレ・)プランデッリ監督だよ。僕は頑張って、うまくなるだけだ。このまま続けて、必要とされたときに全力を尽くす」

先制点を挙げたナポリのチームメート、イグアインについて、インシーニェはこう述べている。

「彼がナポリにきてくれて、僕らは喜んでいるんだ。素晴らしいストライカーだよ。素晴らしい印象を受けている」