ヴィエリ氏:「根っからのユヴェンティーノ」

プライベートにも言及
元イタリア代表FWクリスティアン・ヴィエリ氏が、ユヴェントスを応援していると明かした。また、同氏はプライベートにも言及している。

ヴィエリ氏はかつて、イタリアの有名女優エリザベッタ・カナリスさんと交際していた。数々の女性との噂が騒がれた同氏は、イタリア『Chi』で次のように話している。

「死ぬほど愛したのはエリザベッタ・カナリスだけだ。これは言える。彼女は私の人生において、とても大きな愛だった。名前を挙げるにふさわしい、唯一の女性だ。彼女とのことに後悔はない。私たちはよき友人のままだ。復縁? 誰にも分からないさ。日々を生きているんだからね」

「家族? 持ちたいと夢に見ているよ。きっと、本当に幸せでいるための女性に出会えていないんだろうな。でも、いつか現れるさ。私は信仰深く、人生から多くのプレゼントをしてもらったと思っている」

また、ラツィオやインテル、ミラン、アトレティコ・マドリーのほか、モナコ、アタランタ、サンプドリア、フィオレンティーナなど、数々のクラブを渡り歩いたヴィエリ氏は、次のように明かしている。

「私はユヴェントスを応援しているんだ。根っからのユヴェンティーノなんだよ。アーメン。言っちまったよ」