ローマ、ベナティア獲得を正式発表

ウディネーゼから5年契約で加入
ローマは13日、クラブの公式ウェブサイトで、ウディネーゼからDFメフディ・ベナティア(26)を獲得したことを発表した。

ベナティアの移籍については、両クラブがすでに大筋合意に達していたが、トレード要員とウディネーゼの合意が待たれていた。最終的にはFWニコ・ロペス(19)とMFヴァレリオ・ヴェッレ(19)の共同保有での移籍も決定し、無事にベナティアのローマ入りも正式発表の運びとなった。

ローマの発表によると、ベナティアの移籍金は1350万ユーロ。選手とは5年契約が結ばれた。一方、ロペスは100万ユーロ、ヴェッレは250万ユーロで、それぞれウディネーゼと共同保有することになっている。

またローマは、ゴルニク・ザブジェからGKルカシュ・スコルプスキ(22)を獲得したことも発表している。移籍金は89万ユーロ。契約期間は4年で、さらにもう1年の延長オプションが付いている。