インテルが新背番号を発表、長友は変わらず

グアリンは14をカンパニャーロに譲る
インテルは12日、新シーズンに向けた背番号を発表した。DF長友佑都はこれまでと変わらず55番に決定。MFグアリンが14番から13番に変わるなど、一部に変更があった。

インテルは、新戦力のDFウーゴ・カンパニャーロが14番を付けることが決まった。同選手は14番に愛着を感じているそうで、これを知ったグアリンが自身の背番号を譲ったそうだ。

2012ー13シーズンにレギュラーとしてプレーしたDFフアン・ヘススは、40番から5番に変更。MFデヤン・スタンコビッチの退団により、1ケタの背番号になっている。DFジョナタンは42番から2番に変わった。

新戦力では、FWマウロ・イカルディが9番。FWイシャク・ベルフォディルが18番に決まっている。