補強に満足のコンテ 「ヨベティッチは高すぎる」

謙虚な姿勢を続けなければいけないと強調
ユヴェントスのアントニオ・コンテ監督が11日、会見に臨んだ。同監督はこれまでの補強に満足感を表すとともに、フィオレンティーナFWステファン・ヨベティッチの獲得は難しいとの見解を示している。

FWカルロス・テベスとFWフェルナンド・ジョレンテが加わったユヴェントス。コンテ監督は安価でビッグネームを手に入れたクラブの手腕をたたえている。

「ユヴェントスは成長を続けるために動いていると思う。我々は経済危機のことを考慮しつつ、成長を助けてくれる選手を加えたいんだ。その点で、クラブは素晴らしい仕事をしたと思う。テベスとジョレンテを900万ユーロで獲得し、戦力をアップさせたんだ」

「ヨベティッチ? 彼の市場価格は非常に高い(3000万ユーロ)。素晴らしい選手だから、それも当然だろう。だが、この金額なら、彼がイタリアのチームでプレーできないことは確かだよ。ほかの国に行くだろう」

ユヴェントスはMFエマヌエレ・ジャッケリーニがサンダーランドへの移籍に迫っている。コンテ監督は、経営面からやむを得ない取引だとした上で、ジャッケリーニを手放すのは残念だと語った。

「つらい選択もする必要がある。テベス獲得に900万ユーロを使ったから、お金を取り戻さなければいけないのは当然だ。だが、ジャッケリーニの放出に満足かと聞かれれば、答えはノーだね」

国内リーグ2連覇中のユヴェントスだが、コンテ監督は謙虚であり続けなければいけないと強調している。同監督はイタリアのライバルたちを警戒しているようだ。

「今から8月までにさらなる変化があるだろう。ナポリは(エディンソン・)カバーニの売却資金で補強するだろうし、彼らはすでに(ラファエル・)ベニテス監督という素晴らしい補強をした。彼はあらゆる勝利を手にしてきた指揮官で、あまりに過小評価されている。私はカバーニに残ってほしかった。彼がいるナポリに、我々はいつも勝ってきたからね」

「インテルも素晴らしいチームだし、(ワルテル・)マッツァーリという素晴らしい指揮官が加わった。ミランは(マリオ・)バロテッリを獲得してから、我々との試合以外で負けなかった。フィオレンティーナはビッグクラブの一つであることを、言葉ではなく行動で示している。(マリオ・)ゴメスのような選手を獲得したんだ」