ミラン、ポーリとサポナーラが入団会見 本田にも言及

2人の若手を加え新シーズンへ始動
ミランは8日、サンプドリアから加入したMFアンドレア・ポーリ、エンポリから加入したMFリッカルド・サポナーラの2人の新加入選手の入団会見を行った。

ポーリはミラン加入の喜びを述べるとともに、昨年夏にデビューしたイタリア代表でも来年のワールドカップ(W杯)出場を目指したいと話している。

「ここに来ることができて本当にうれしい。僕はミラニスタなので、ミランのユニフォームを着ることができるのは夢が現実になるようなものだ。僕のことを信頼してくれなかった人のことは考えない。過去のことは考えず、ミランのことだけを考えたい。新しいチームメートたちと一緒に練習するのが楽しみだ」

「(W杯のことは)考えている。アッズーリのユニフォームを着ることができるのは大きな満足だ。ミランは偉大なチームなので、僕が代表へ行くことの助けにもなってくれると思う。ここまでたどり着けたのは、いつも近くで支えてくれたサンプのおかげだ」

アドリアーノ・ガッリアーニCEOはこの会見の中で、CSKAモスクワMF本田圭佑については「1月に加入することを強く望んでいる」とコメント。本田が加入すればポジションを争うことになる可能性もあるサポナーラは、自身のポジションや本田について次のようにコメントしている。

「僕はこれまでトップ下のポジションでうまくやってきた。でも、ピッチ上のどこへ動き回ることだってできる。そうすることでチーム内に居場所が得られるだろう」

「(本田については)テレビでプレーを見たけど、素晴らしい選手だと思う。それほどよく知っているわけではないけど、何度か試合を見たことがある」

新たに2人の若いイタリア人をチームに加えたミラン。1月には、本田もここに加わることになるかもしれない。