サパタがミランへ完全移籍

ビジャレアルから獲得
ミランは23日、ビジャレアルからDFクリスティアン・サパタ(26)を完全移籍で獲得した。クラブの公式サイトで発表されている。

2005年から11年までウディネーゼで活躍したサパタは、昨年夏にビジャレアルからのレンタルという形でミランに移籍し、イタリアに戻っていた。ミランは買い取りオプションを行使する形で、サパタを完全移籍で獲得している。

ミランは移籍金の額を公表していないが、イタリアメディアは600万ユーロ程度と報じた。完全にミランの選手となったサパタは、2016年までの契約を交わしている。