ラツィオ:「2連勝してEL出場権を」

欧州の舞台を目指すペトコビッチ
ラツィオは8日、セリエA第36節でインテルと対戦し、敵地で3-1と勝利を収めた。ウラジミール・ペトコビッチ監督は試合後、ヨーロッパリーグ(EL)出場権獲得への意気込みを表している。

負傷者続出で野戦病院と化しているインテルを相手に、敵地サン・シーロで3-1と勝利したラツィオ。6-0と圧勝した前節に続く連勝で、ラツィオは勝ち点を58に伸ばした。EL出場ラインの5位ウディネーゼとは勝ち点2差だ。

コッパ・イタリアで決勝に進出しているラツィオは、ローマとのダービーファイナルで勝利すれば、EL出場権を獲得できる。だが、ペトコビッチ監督はリーグ戦の順位でELへの切符を手に入れたいと考えているようだ。イタリア『Rai』で次のように話している。

「我々は非常に良いプレーをしている。インテルはもっと良い結果にふさわしかったが、我々もうまく結果を引き出したよ。3-1としてからもチャンスがあった。だが、決定力を欠いたね。でも、連勝を飾った選手たちに賛辞を送りたい」

「これでELを争うのは3チームだ。私は、残りの2試合に勝てば、我々が目標を達成できると考えているよ」