アッレグリがインテルを断ってローマに? 各クラブが否定

伊『コッリエレ・デッラ・セーラ』が報じるも…
イタリアのメディアが、ミランのマッシミリアーノ・アッレグリ監督が来季からローマの指揮官に就任すると報じた。だが、関係クラブはこれを否定している。

『コッリエレ・デッラ・セーラ』は4日、アッレグリ監督がインテルからのオファーを断った一方で、ローマと来季からの3年契約で合意したと報じた。だが、ミラン、ローマ、インテルと関係クラブはそれぞれ、公式ウェブサイトでこれを完全否定している。

アッレグリ監督本人は4日の記者会見で、次のように話している。

「監督と会長の意見交換が悪いわけではない。3年前から私は会長やフロントと良い関係にある。こういった推測は、チームを揺らがし得るのだろうが、我々は目標から気をそらされていない。会長と問題を抱えたことはないんだ。通常の雇い主との関係だと思う」

「こういう記事が出るのは残念だね。私は雇い主に対して誠実であり、敬意を払う。今からシーズンが終わるまで、私は自分の今後についてもう話さない。シーズンが終わってから会長たちと話す。私は残るつもりだ。最大限の目標を達成したい。世界で最もタイトルを獲得したクラブに、誰だっていたいだろう? 私は幸いにもそこにいるんだ。どうして出ていきたがるんだい?」