サネッティ復帰を信じるモラッティ会長

「立ち直ってくれると確信している」
インテルのマッシモ・モラッティ会長は、アキレス腱断裂という重傷に見舞われたキャプテンの復帰を信じている。同会長は30日、MFハビエル・サネッティはピッチに戻ってくると語った。

28日のパレルモ戦で負傷したサネッティは、30日に手術を受けた。今年40歳という年齢から、現役続行を危ぶむ声もあるが、本人は意欲をあらわにしている。執刀医は、復帰まで6カ月はかかるとの見込みを示した。

モラッティ会長は報道陣に対し、次のように述べている。

「サネッティのケガは、インテルにとって非常に深刻な損失だ。すぐに彼にエールを送ったよ。だが、彼の気迫からして、すぐに立ち直ってくれると確信している。彼がこれまでやってきたことをもうやらないなんて、サポーターにとっても考えられないことだ。私は、彼が同じようにやってくれると確信しているよ」

パレルモ戦で敗れたインテルは、7位に転落。ヨーロッパリーグ出場権獲得に黄信号が灯っている。パレルモ戦でうまくいかなかったことを問われると、モラッティ会長は「たくさんだ」と答えた。