ユーヴェGM、ロッベン&アレクシスを高評価

獲得の可能性には否定的
ユヴェントスのジュゼッペ・マロッタGM(ゼネラルマネージャー)は、獲得に関心を持っていると噂されるバルセロナFWアレクシス・サンチェスやバイエルン・ミュンヘンFWアリエン・ロッベンを高く評価していることを認めながらも、具体的な獲得の可能性については否定的な様子を見せている。

マロッタはイタリア『スカイ・スポーツ』に対し、両選手について次のように語った。

「ロッベンとアレクシスはどちらも素晴らしい選手だ。私は2人を高く評価している。だが、今の時点でそれ以上言えることはあまりない」

「サンチェスは今バルセロナにおり、バルサは彼のために多額の移籍金を支払った。この夏はバルセロナに残ると思う。ロッベンは、現時点で間違いなくヨーロッパ最高であるクラブで、堂々とプレーして高い能力を見せている」

ウディネーゼで活躍して2011年にバルセロナへ移籍したサンチェスの現在の契約は2016年まで。ロッベンはバイエルンと2015年までの契約を結んでいる。