ゴメス、インテルの関心に「誇らしい」

だが、カターニアは「2番目の家」とも
カターニアFWアレハンドロ・ゴメスが、インテルからの関心に「誇り」だと話している。だが、同選手はカターニアが「2番目の家」だとも語った。

イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』は先日、インテルがゴメスの獲得に動き出したと報じている。同選手は23日の会見で、去就について次のように話した。

「僕が知っているのは、メディアで報じられていることだけだ。でも、インテルからの関心は誇らしく思うよ。イタリアとスペイン? セリエAでプレーする選手は、どこででもやれる。セリエAは世界で最も難しいリーグだからだ」

「僕にとって、カターニアは2番目の家なんだ。街もチームも、加入したときから僕を迎え入れてくれた。会長とはまだ話していない。でも、近く話すだろうね」

カターニアは次節でミランと敵地で対戦する。ゴメスはミランを相手にゴールを決めたいと意気込んだ。

「一度、ゴールを決めたことがあったんだけど、オフサイドだったんだ。ビッグクラブ相手にゴールを決めるのは、いつだってうれしいものだよ。世界中が見ている試合だからね。ミラノでの試合が素晴らしいものになることを願っている」