負の連鎖が止まらないインテル、今度はグアリンが負傷

大忙しの医務室
負傷者続出中のインテルに、新たな離脱者が出た。18日、今度はMFフレディ・グアリンがケガを抱えている。

グアリンは17日に行われたコッパ・イタリア準決勝セカンドレグを出場停止のため欠場していた。その翌日の練習中に右足を痛め、途中でトレーニングを切り上げている。クラブの公式サイトによると、ひらめ筋に軽度の損傷があるとのこと。復帰に要する期間は、まだ明らかになっていない。

また、ローマ戦の前のアップ中に負傷したMFエステバン・カンビアッソについては、左足の内転筋に問題があることが分かっている。こちらも復帰時期はまだ明確にされていない。

不運もあって結果が出ず、ファンから不満の声もあがっているインテル。次節パルマ戦にはどのようなメンバーで臨むのだろうか。