ニュース ライブスコア

来季のCL出場を諦めないパラシオ

インテルFWロドリゴ・パラシオは、来季のチャンピオンズリーグ(CL)出場を諦めていない。同選手は、残り9試合のうち6、7試合に勝って3位以内に入りたいとの意気込みを表した。

前節でユヴェントスにホームで敗れ、CL出場ラインの3位ミランとの勝ち点差が10に広がったインテル。3日に延期分のサンプドリア戦に臨むインテルは、消化が1試合少ないが、3位以内には入るのは厳しいとの見方が強まっている。

だが、パラシオはイタリア『スカイ・スポーツ』で、次のように語った。

「僕らもレースに残るためには、サンプドリアとアタランタを倒すしかない。勝ち点を取り戻さなければいけないんだ。6、7試合で勝たなければいけない。CLを狙うには、それしかないからだ」

インテルの攻撃陣において、パラシオは欠かせない存在となっている。だが同選手は、チームの現状から、満足はできないと話した。

「僕はインテルでベストを尽くしたかった。確かに多くのゴールを決めることができている。でも、完全に満足はしていないよ。チームはうまくいっていないからだ。(ディエゴ・)ミリートの離脱? チームにとっては大きな痛手だった。彼は重要な選手で、違いとなるんだ」

「僕らは勝つべきスモールチームとの試合をいくつか落としてしまった。ビッグクラブ相手ではうまくやってきたけどね。(アンドレア・)ストラマッチョーニ監督? 僕らは彼といるよ。素晴らしい指揮官だ」