サントンとデストロの代理人が移籍の噂を否定

ニューカッスルとローマに残留すると主張
ミランなどへの移籍が噂されるニューカッスルDFダヴィデ・サントンに関して、代理人はクラブが彼を手放すことはないとの見通しを語った。

1月にはサントンの代理人の一人がミランのアドリアーノ・ガッリアーニCEOと会談したと報じられていたが、別の代理人であるレンツォ・コントラット氏は移籍の可能性を否定している。『ラジオCRC』に対して同氏が語った言葉をイタリア各メディアが伝えた。

「(サントンは)イングランドに残ると思う。ニューカッスルは来シーズンも彼を頼りにしているように思える。彼には大きな成長の余地があるからだ」

ローマFWマッティア・デストロの代理人も務める同氏は、デストロに関してもローマを離れる可能性は低いとコメントしている。

「現時点ではデストロはローマでうまくいっている。ローマはマッティア・デストロをプロジェクトに組み込んでおり、その逆もまた然りだ。それ以外のことはすべて空想でしかない」