パレルモ、ガスペリーニが退任

後任はサンニーノか
パレルモは11日、ジャン・ピエロ・ガスペリーニ監督(55)の契約を解消したことを発表した。

ガスペリーニ監督がパレルモを去るのは、今シーズン2度目だ。シーズン途中に招へいされた同指揮官は先月4日に解任された。その後を受けたアルベルト・マレザーニ氏は先月24日に解任となり、ガスペリーニ監督が復帰していたところである。

しかし、クラブは11日に話し合いの場がもたれ、ガスペリーニ監督の契約が取り消されることが決まった。

後任についてはまだ発表されていないが、イタリア『ANSA通信』などによると、ジュゼッペ・サンニーノ氏の復帰が濃厚とのこと。

セリエA最下位タイと苦しんでいるパレルモは、混乱を抜け出せるだろうか。