ハムシク、またも強盗の被害に 拳銃で脅される

時計を奪われるのは2度目 過去には夫人も被害に
イタリアメディアによると、ナポリMFマレク・ハムシクが17日、試合後に強盗に襲われて時計を奪われたという。同選手は拳銃で脅されたそうだ。

報道によれば、ハムシクは17日のサンプドリア戦後、BMWで夫人を迎えに空港へ向かっている最中に、2、3人の強盗に襲われたとのこと。バイクで近付いた犯行グループは、車の窓ガラスを割って拳銃でハムシクを脅し、ロレックスを奪ったという。

ハムシクは2008年にもナポリで強盗に遭い、時計を奪われた経験を持つ。さらに2011年には、当時妊娠していた夫人が強盗の被害に遭い、車を奪われた。ハムシクの妹で、インテルMFワルテル・ガルガノの夫人であるミスカさんは、『ツイッター』で「ムカつくわ。もう3度目よ」とつぶやいている。

ハムシクはサンプドリア戦でシュートがポストを直撃。ゴールを奪うことができず、チームはスコアレスで引き分け、首位ユヴェントスとの勝ち点差を2に縮めるチャンスを逃している。ハムシクにとっては、最悪の一日となってしまった。