モンテッラ:「見事なリアクション、プライド、プレーだった」

インテル相手に4得点勝利で満足
フィオレンティーナは17日、セリエA第25節でインテルと対戦し、ホームで4-1と大勝した。ヴィンチェンツォ・モンテッラ監督は満足感をあらわにしている。

前節でユヴェントスに敗れるなど、ここ6試合で1勝と苦しんでいたフィオレンティーナ。だが、この日はFWステファン・ヨベティッチとMFアデム・リャイッチが2得点ずつを挙げて快勝した。試合後、モンテッラ監督はイタリア『スカイ・スポーツ』で、次のように話している。

「失点したことは少し残念だ。だが、前回の試合から素晴らしい返答を出してみせた。見事な試合だったね。素晴らしいリアクション、プライド、プレーを見せてくれた。我々はプロジェクトを前進させ続ける。インテル? 3つのコンペティションを戦っており、我々のようにチームをつくっている段階だ。浮き沈みがあるのは当然だよ」

「我々はホームとアウェーで結果に大きな差がある。今日のようなプレーをしながらも、結果を出せなかったこともたくさんあるんだ。我々は好調だよ。今日のようにコンパクトにまとまることができれば、フレッシュであることを示すことができる」