ニュース ライブスコア

伊紙、長友に及第点 走り方への苦言も

インテルDF長友佑都は14日、ヨーロッパリーグ決勝トーナメント1回戦ファーストレグのCFRクルージュ戦で先発フル出場し、右サイドバックとして2-0の勝利に貢献した。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』は、長友に及第点の6点を与えている。

チームがキャプテンのMFハビエル・サネッティに休養を与えたこともあり、右サイドバックとしてプレーした長友は、アウェーゴールを警戒して守備的に戦い、その役割を全うした。無失点に抑えたインテルは、FWディエゴ・ミリートを重傷で失うというアクシデントに見舞われたが、代わって出場したFWロドリゴ・パラシオが2得点を挙げ、ホームで先勝している。

『ガゼッタ』は寸評で、長友の走り方が悪く、先走りすぎたところがあると指摘。その上で、「徐々に良くなっていった」として、「及第点だ」と評価した。

マン・オブ・ザ・マッチは2ゴールのパラシオ。サン・シーロでのデビューで1アシストと、好パフォーマンスを見せたMFマテオ・コバチッチとともに、7.5点が与えられた。インテルは大半の選手が及第点の6点以上となっている。

一方で、DFマティアス・シルベストレは5点と低評価。左サイドバックに入ったMFアルバロ・ペレイラ、途中出場のMFリカルド・アルバレスも、5.5点と及第点を下回る採点となった。