ベルアンダがインテル移籍? モンペリエ会長が明かす

移籍金1400万ユーロで合意か
モンペリエのルイ・ニコラン会長は、MFユネス・ベルアンダにインテルから移籍金1400万ユーロのオファーがあると認めている。

ベルアンダは、1月の移籍市場でフェネルバフチェに移籍する可能性が取りざたされていた。しかし、ニコラン会長がフェネルバフチェの提示する移籍金に難色を示し、ベルアンダのトルコ行きを否定していたところだ。

ニコラン会長は、『AMKSpor』に「我々は1400万ユーロの移籍金でインテルと合意した」と明かしている。

「フェネルバフチェは、800万ユーロ以上は払いたくないと言ってきた。だから、私はインテルのオファーを受け入れた。すべての選手には価格があり、800万ユーロはベルアンダに相応しい額ではない」

2009年のデビュー以来、不動のレギュラーとしてモンペリエで活躍を続けるベルアンダは、現在モロッコ代表としてアフリカ・ネーションズカップに参加している。

インテルは、今週初めにMFヴェスレイ・スナイデルをガラタサライへ放出していた。