トッティがコッパ8強欠場へ ローマ攻撃陣が緊急事態

フィオレンティーナ戦はどう戦う?
ローマは14日、クラブの公式ウェブサイトで、FWフランチェスコ・トッティが左ももの筋肉を痛めていると明かした。同選手は16日に行われるコッパ・イタリア準々決勝のフィオレンティーナ戦を欠場すると見られる。ローマは攻撃陣のレギュラーを完全に欠く可能性があるようだ。

トッティは0-1で敗れた13日のカターニア戦で、ベンチ入りしたものの出場機会はなかった。イタリアのメディアによると、トッティはフィオレンティーナ戦に間に合わない見込みで、リーグ次節のインテル戦で復帰できるかも分からない様子だ。

ローマはFWパブロ・オスバルドとMFエリック・ラメラを出場停止で欠いており、トッティ欠場となればレギュラーの3トップが全員不在という事態になる。FWマッティア・デストロも右足首を痛めているようで、ズデネク・ゼーマン監督としては頭の痛いところだろう。

ローマは2013年に入り、リーグ戦で連敗中。一方、フィオレンティーナも同じく連敗しており、16日の試合はともに巻き返しを図る一戦となる。勝者はベスト4でインテル対ボローニャの勝者と対戦する。