R・バッジョ氏入閣を願うブレッシァ会長

「監督? いいじゃないか。会長? なお良い」
セリエBを戦うブレッシァのジーノ・コリオーニ会長が、元イタリア代表のロベルト・バッジョ氏の入閣を望んでいる。同会長はバッジョ氏と交渉する考えだと明かした。

現在イタリアサッカー連盟の育成部門を任されているバッジョ氏は、現役時代の最後にブレッシァでプレーしている。コリオーニ会長は『クオティディアーノ・ディ・ブレッシァ』で、次のように話した。

「私はロビーがブレッシァに戻ることを望んでいる。近いうちに彼をディナーに招くよ。彼のための素晴らしいプロジェクトがあるんだ。ここで彼はサッカーの最前線に戻る」

「役割は彼が選ぶ。監督を望んだら? いいじゃないか。会長だったら? なおさら良い。彼の名前とブランドで、我々はブレッシァを大きくすることができるはずだ」