インテル控えGKが脱臼で戦線離脱

ヴェローナ戦で肩を痛める
インテルGKルカ・カステラッツィが、長期離脱を強いられることになりそうだ。同選手は肩の脱臼でしばらくゴールを守ることができない。

インテルのサブGKであるカステラッツィは18日に行われたコッパ・イタリア5回戦のエラス・ヴェローナ戦に先発。終盤、相手シュートを止めた後にうずくまり、担架でピッチを出ている。

インテル陣営は試合後、同選手が脱臼したと明かしていた。そして19日には、クラブの公式サイトでもカステラッツィの負傷が発表されている。回復に要する時間などは明かされていない。

なお、カステラッツィ負傷前に交代枠を使い切っていたインテルは、FWロドリゴ・パラシオがGKと担当し、無失点で2ー0の勝利を飾っている。