長友の契約延長が決定的に インテルTDが明言

1月に正式発表予定
インテルに所属する日本代表DF長友佑都は、まもなくクラブとの契約を延長することになるようだ。18日、同クラブのマルコ・ブランカTD(テクニカルディレクター)が明かした。

以前からインテルと契約延長の話を進めていた長友は、すでに大筋で合意に達している模様。2017年までの契約が確実となっているという。

18日のコッパ・イタリアでエラス・ヴェローナに勝利した後、ブランカTDは、長友の代理人であるロベルト佃氏と会談したことを明かした。2017年までの契約を交わす方向で話が進んでおり、1月に正式にサインを交わすことになるだろうと明言。契約更新という形で、長友に対するインテルの信頼を確かめることができそうだ。