インテル若手MFダンカン、仲間のサポートに感謝

サン・シーロでスタメンデビュー
インテルは18日に行われたコッパ・イタリア5回戦でエラス・ヴェローナと対戦し、ホームで2ー0の勝利を飾った。MFアルフレッド・ダンカンは、チームメートのアドバイスに感謝している。

19歳のダンカンは、先発でフル出場した。本拠地サン・シーロでの先発出場は、これが初である。試合後、『インテル・チャンネル』のインタビューに応じたダンカンは、以下のように話した。

「今日は勝ったことが最重要で、とてもうれしい。ここサン・シーロでプレーすることは僕の夢だったから最高だ。スタンドのファンを見たときに感動したよ」

「みんなが僕のことを助けてくれた。特に守備陣は、適切なポジションを教えてくれたんだ。(後半からMFフレディ・)グアリンが入ったことで、僕はとても楽になった。日頃、偉大な選手たちと練習していることはうれしい。もっともっと練習を積まないといけない」

アンドレア・ストラマッチョーニ監督は試合後、ダンカンの活躍を称えていた。クラブは経験を積ませるため、1月のレンタルも検討している模様。冬の動きにも注目が集まる。