長友、契約更新に前向き

「これからいい話し合いができると思う」
日本代表DF長友佑都は、所属するインテルとの契約更新が近いと伝えられている。選手本人は、新しい契約を前向きに考えているようだ。

イタリアメディアによると、長友側はすでに新契約でインテルと基本合意に達しており、近日中に代理人がイタリアを訪れて細部を詰めるとのこと。

31日に行われたサンプドリア戦の後、契約更新の話題について質問を受けた長友は、「インテルも契約更新をしたいと言ってくれているし、もちろん僕もここで戦いたいという気持ちがある。これからいい話し合いができると思う」とコメント。合意などを明言することはなかったが、クラブと長友が契約更新の方向で話を進めていることは確かなようだ。