パンデフ:「ユーヴェにスーパーカップの借りを返したい」

来週末に首位攻防戦
ワールドカップ(W杯)予選による中断を挟んで、来週末にはセリエAの首位に並ぶユヴェントスとナポリが直接対決を迎える。

両チームは今季すでにイタリア・スーパーカップで対戦し、4-2でユヴェントスが勝利を収めている。

その試合で退場処分を受けたナポリFWゴラン・パンデフは、いまだ敗戦を納得できていない様子だ。イタリア『トゥットスポルト』に対して彼は次のように語った。

「みんな分かっていることだ。あの試合は本当の試合ではなかった。僕は副審に対して何も言ってはいないが、マッツォレーニ主審はレッドカードを出した。今はユーヴェとどう戦うべきか理解している。ファールを受けても何も言うつもりはない。むしろ、審判の方を見ることもしないつもりだ」

「トリノに乗り込む上で恐れはない。僕らがユーヴェに勝てるチームだということはすでに証明している。スーパーカップの借りを返さなければならない」