ニュース ライブスコア

ブッフォン:「ユーヴェは最後までスクデットを争う」

イタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォンが、9日の会見でスクデット争いにも言及した。ユヴェントスのチーム力に手ごたえを感じる同選手は、ライバルとなるチームたちについてもコメントしている。

開幕から6勝1分けの勝ち点19で、ナポリと並んで首位を走るユヴェントス。無敗記録は46試合にまで達し、優勝候補筆頭の名にふさわしい好調ぶりを見せている。ブッフォンはスクデット争いについて、次のように語った。

「僕らは夏に補強をし、成長のプロセスを続けている。ユーヴェが最後までスクデットを争えないことはないだろうね。大きなサプライズはラツィオだ。素晴らしいことをしている。とても賢く、イタリア語も操る監督のおかげもあるだろう」

「インテルは改革があって、最後まで苦しめてくるはずだ。ミラン? 彼らはプロジェクトを変えた。インテルより遅れてスタートしている。今は難しい時期にあるけど、若手の価値を高められるだろう。ナポリ? 彼らには一線級のチームがある。

ブッフォンは過密日程の大変さを認める一方で、代表チームで戦うことにわずらわしさを感じることがあってはいけないと強調した。

「僕は35日間で11試合もこなした。それを考えれば、問題はあると思う。試合に向けて万全の準備をするべく、一週間をとおしてトレーニングできれば、どんな選手にとっても好都合だと思うね。代表がわずらわしくなる? そういうことがあってはいけない」