ニュース ライブスコア

ボージャン:「ダービー敗北はつらかったけど…」

7日のミラノダービーでインテルに敗れたミランだが、FWボージャン・クルキッチはチームのプレーが良くなっていると確信している。

チャンピオンズリーグのゼニト・サンクトペテルブルク戦で勝利を収め、意気揚々とダービーへ臨んだミラン。だが、議論を呼ぶ判定もあったダービーでは、開始早々に失点すると、反撃を試みたものの得点を奪えず、ライバルの前に屈している。

7試合を終えて勝ち点7と不振のミランは、再びムードが悪くなりつつあるところだ。だが、ゼニト戦とダービーで先発し、1トップとして奮闘したボージャンは、『フェイスブック』でチームのパフォーマンスの改善ぶりに満足感を表している。

「ダービーでの敗北を消化するのは大変だった。決定的なエピソードやディテールがあったね。でも、僕らは自分たちのプレーの進化に満足している。そして、できるだけ早く君たち(ファン)を満足させたいと願っているよ」

ミランは代表ウィーク後の20日、セリエA第8節でラツィオと敵地で対戦する。ラツィオはここまで5勝2敗と好調を維持し、首位のユヴェントスとナポリを勝ち点4差で追っている。