インテル、ELで大幅ターンオーバー

長友は招集メンバー入り
インテルのアンドレア・ストラマッチョーニ監督は、4日に行われるヨーロッパリーグ(EL)のナフツチ(アゼルバイジャン)戦に向けた招集メンバーを発表した。

予想された通り大幅なターンオーバーが行われ、多くの若手選手を含むメンバーとなっている。

負傷やEL登録メンバー外のため出場できないDFクリスティアン・キヴ、イブラヒマ・エムバイェ、MFリカルド・アルバレス、デヤン・スタンコビッチ、ヴェスレイ・スナイデルの他にも、DFハビエル・サネッティ、ワルテル・サムエル、FWロドリゴ・パラシオ、ディエゴ・ミリート、アントニオ・カッサーノらが遠征メンバーを外れた。

FW陣に至っては20歳のコウチーニョ、19歳のマルコ・リヴァヤ、18歳のルカ・ガリターノ、17歳のジョヴァンニ・テッラーニという顔ぶれで、平均年齢18.5歳という極度に若いメンバーが組まれた。

インテルの招集メンバーは以下の通り。

GK: ハンダノビッチ、カステラッツィ、ベレック
DF: シルベストレ、ラノッキア、フアン、ジョナタン、ビアンケッティ、長友
MF: グアリン、ムディンガイ、カンビアッソ、オビ、ガルガノ、ベナッシ、ペレイラ
FW: コウチーニョ、テッラーニ、リヴァヤ、ガリターノ