FIFA会長、ハンド申告のクローゼを称える

カンビアッソも賛辞 「手本だ」
ラツィオFWミロスラフ・クローゼは26日のナポリ戦で、ゴールネットを揺らした際に、自身がハンドをしたと認めた。FIFAのゼップ・ブラッター会長は、同選手の振る舞いを称えている。

ナポリ対ラツィオというセリエAの上位対決で、クローゼは開始3分にコーナーキックからネットを揺らした。だが、一度は得点を認めた審判に対し、クローゼはハンドをしたことを認め、ゴールは取り消しに。主審は“お返し”として、意図的にハンドをしたクローゼにイエローカードを提示しなかった。

ブラッター会長は『ツイッター』で、「ブラーヴォ、ミロ。その行為で、君は自分がチャンピオンであり、正しい選手であることを示した」と、クローゼの行動に賛辞を送った。

また、インテルMFエステバン・カンビアッソは『メディアセット・プレミアム』で、クローゼの振る舞いを手本にすべきだと主張している。

「クローゼの誠実さを称える声は少ないんだろうね。逆にずるさが足りないと言われるんだろう。この行為を称えるべきだ。子供は選手を見ているとよく言われるじゃないか。この行為は手本だと思う」