インテル、マイコン後継者にスポルティングDF?

アリアス代理人がコンタクトを認める
マンチェスター・シティにDFマイコンを放出したインテルが、スポルティングの若手DFサンチャゴ・アリアスに関心を抱いているようだ。同選手の代理人もコンタクトがあることを認めている。

1992年生まれのアリアスは、現在スポルティングの下部組織に所属している。だが、U-20コロンビア代表の同選手にインテルは興味を示しているようで、代理人のマルセロ・フェレイラ氏はポルトガル『Radio Renascença』で、次のように話した。

「私はインテルと直接コンタクトをしている。ただ、それによって自動的に選手が移籍するという意味ではない。まだ移籍について話す時期ではないよ。サンチャゴにとっては、まずトップチームへの復帰を目指しているところなんだ。頑張っているところで、監督が気付いてくれるのを期待しよう」

「インテルが選手に注目し続けることは分かっている。サッカーでは、どんなことだって起こり得るんだ…」