ラツィオ、シアニ獲得を発表 「テュラムのように」

ボルドーから加入の新戦力が意気込み
ラツィオは27日、ボルドーからDFミカエル・シアニ(28)を獲得したことを発表した。詳細は明かしていないが、イタリアのメディアは3年契約と見ている。

ラツィオのイグリ・ターレSD(スポーツディレクター)は26日、すでにシアニの獲得が確実であることを明かしていた。イタリアのメディアによると、同選手は300万ユーロの移籍金で加入した様子。契約については、4年目の延長オプションが付いているとも言われる。

27日に入団会見に臨んだシアニは、喜びと意気込みを表している。

「最大限の努力をする。僕はフランスのビッグクラブから、イタリアのビッグクラブに来たんだ。この素晴らしいチームでタイトルを獲得したい。ボルドーとの契約はあと1年残っていた。でも、ラツィオのオファーが届いて、断ることはできなかった。ラツィオは欧州カップ戦にも出場するしね。ラツィオにいる選手たちのことも考えた。本当に重要な選手たちがいるクラブだ」

「イタリアのリーグなら、代表監督(ディディエ・デシャン)が注目することも知っている。その意味でも、注目度を上げたかった。またフランス代表になるために、このクラブで勝ちたい。背番号は2番を選んだ。7年間ずっと使っている番号だ。ラツィオがアツいクラブなのは知っている。サポーターを喜ばせるために、全力を尽くしたい」

また、シアニはイタリアでも活躍した元フランス代表DFリリアン・テュラム氏のように成功したいと続けた。

「テュラムや(マルセル・)デサイーは重要な選手たちだった。僕はずっとテュラムのプレーが好きだったんだよ。彼はフランス人にとってのシンボルだった。イタリアで彼のようなキャリアを築きたい」