ガルガノがインテル移籍を明かす 「自分が望んだ」

ナポリへの愛情を強調も出場機会の確保を希望
ナポリMFワルテル・ガルガノのインテル移籍が、事実上決まった。21日にクラブ間合意が報じられた同選手は、22日にメディカルチェックを受け、インテル移籍を明らかにしている。

報道によると、ガルガノは150万ユーロでのレンタル移籍でインテルに加入する模様。買い取りオプションがついており、買い取り金額は500万ユーロと見られている。ガルガノはイタリア『スカイ』で、次のように話した。

「ビッグクラブにプレーしに行く。彼らは僕を望んでくれた。信頼に応えるために、全力を尽くす。ポジション争いに怖れはない。常に正しいプロ意識でポジション争いに臨まなければいけないんだ」

その後、ガルガノはナポリのサポーターに向けた手紙で、移籍を決断した理由を明かしている。

「忘れらない5年間を経て、僕はナポリを去る。僕にとってつらい決断だった。クラブと一緒に決めたことだけど、僕が望んだことだとはっきりさせておきたい」

「みんなも知っているように、僕は常にプレーしたいんだ。今年のナポリの中盤はすごく人数が増えて、外れるリスクがある。僕はクラブにレンタルでの放出を望んだ。そして、インテルに移籍させることで、(アウレリオ・)デ・ラウレンティス会長がそれをかなえてくれたんだ」

ガルガノはナポリへの愛情を強調した上で、「サッカーではどんなこともあり得る。シーズン後に戻ってくる可能性も排除はしない。みんなに抱擁を」と締めくくっている。