ニュース ライブスコア

ラミレス、サウサンプトン移籍は破談?

ボローニャMFガストン・ラミレスは、サウサンプトンへの移籍に向かっていると言われていた。だが、イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によると、これが破談に終わったようだ。

ラミレスは先日、サウサンプトンのオファーは断れないものだったとして、移籍を認めていた。だがその後、ボローニャのアルバノ・グアラルディ会長は、ラミレスの発言に不快感を表し、交渉はまだまとまっていないと強調していた。

サウサンプトンはラミレスの保有権70%を手にするボローニャに、1500万ユーロをオファーしていたと見られる。だが、その支払い方法をめぐって両クラブの意見がまとまらなかった模様。ボローニャは分割払いを受け入れたものの、1度目の支払い金額やその時期について、サウサンプトンと合意しなかったと見られている。

『ガゼッタ』は21日、ラミレスのサウサンプトン移籍は破談に終わったと報じた。同選手にはインテルやユヴェントス、ナポリ、フィオレンティーナといったイタリア勢や、リヴァプールやトッテナムなどのプレミア勢も関心を示していたが…?