カッサーノとパッツィーニがメディカルチェック トレードは時間の問題

モラッティは「興味深い取引」
インテルFWジャンパオロ・パッツィーニとミランFWアントニオ・カッサーノのトレードが、実現間近となっている。イタリアの各メディアは21日、両選手がそれぞれメディカルチェックをパスしたと報じた。トレードの正式発表は時間の問題のようだ。

先日から騒がれているインテルとミランのトレードは、両クラブ間ですでに合意に達していると報じられている。契約期間や、加入時の移籍金の違いから、ミランが700~750万ユーロの差額をインテルへ支払う形でまとまっている様子だ。

パッツィーニに関しては、20日の段階で代理人がミランと交渉。3年契約で合意に達したと見られる。一方、カッサーノの代理人も21日、インテルとの交渉に臨んだ。こちらも2年契約で合意したと言われている。

さらに、両選手は21日、メディカルチェックも済ませたようだ。パッツィーニは病院の前で報道陣に、「すごくハッピーだ。昨日、すべてを知った。とてもうれしいよ。僕が新しい(フィリッポ・)インザーギ? 冷静に、これからを見よう」とコメント。メディカルチェックもパスしたと報じられている。

また、カッサーノについても、『スカイ・スポーツ』がメディカルチェックをクリアと報道。インテルのドクターが、「問題はない。彼の心臓は大丈夫だ」と話している。インテルのマッシモ・モラッティ会長は21日、カッサーノ加入について次のように語った。

「カッサーノ獲得は興味深い取引だ。うまくいくことを願う。彼は興味深い選手で、有益であることを願っているよ。ほかのFWたちもやるべきことをやってきた。彼は、そのFWたちを助けるだろう。ポジション? それは監督に聞いてくれ。彼がこの取引を望んだんだ。カッサーノが熱意をもたらしてくれれば、我々は満足だよ。性格? 自己管理できるだけのものだと思っている」