ローマの元イタリア代表MFがトリノへ移籍

ブリーギをレンタルで獲得
トリノは11日、クラブの公式ウェブサイトで、ローマから元イタリア代表MFマッテオ・ブリーギ(31)を獲得したことを発表した。レンタルでの移籍となる。

昨季、アタランタにレンタル移籍していたブリーギはこの夏、トリノのキャンプに初日から合流。“トライアル”の形で移籍を目指していた。シモーネ・ヴェントゥーラ監督は、プレシーズンのテストマッチを経て、同選手のフィジカルコンディションに問題がないと判断。11日に正式発表となった。

トリノは違法賭博・八百長事件の裁判で、イタリアサッカー連盟検察との司法取引に応じ、新シーズンはマイナス1ポイントからスタートとなる。開幕戦は26日のシエナ戦。なお、シエナも違法賭博・八百長事件の裁判で、6ポイントの減点処分を受けている。