アルゼンチン期待の若手がパレルモへ

「第2のアグエロ」が4年契約
パレルモは20日、アルゼンチンのインスティトゥート・コルドバからMFパウロ・ディバラ(18)を獲得したことを発表した。契約期間は4年となる。

U-20アルゼンチン代表の同選手は、20日にメディカルチェックを受けた後、チームのプレシーズントレーニングに合流する予定とのこと。取引の詳細は明かされていない。

ディバラは「第2のセルヒオ・アグエロ」と評価される期待の若手。同選手が育ったアルゼンチンのコルドバは、昨年夏にパレルモからパリ・サンジェルマン(PSG)へ移籍したMFハビエル・パストーレの出身地ということもあり、2人を比較する声も増えそうだ。

同選手に対しては、インテルやナポリも関心を持っていたようだ。しかし、パレルモのマウリツィオ・ザンパリーニ会長は、4月末にディバラの獲得を明言していた。