デストロ争奪戦はローマがリードか

シエナ会長:「差額を埋められるクラブ」
シエナのマッシモ・メッザローマ会長によると、FWマッティア・デストロの争奪戦でリードしているのはローマかもしれない。同選手にはイタリアのビッグクラブがこぞって関心を寄せている。

シエナとジェノアが共同保有するデストロには、ローマのほかにユヴェントス、インテル、ミランも関心を示している。メッザローマ会長はイタリア『ラジオ・マナ・マナ』で、次のように語った。

「ローマはデストロへの関心を示した。ただ、我々はジェノアとも話さなければいけない。私の知るところでは、ローマはジェノアともデストロについて話したはずだ。こういう交渉で違いとなるのは、オファーと選手の希望だよ」

デストロ本人はこの日、「ジェノアとシエナが良識をもって合意し、重要なクラブでプレーさせてくれることを願っている」とコメント。ビッグクラブへの移籍希望を改めてあらわにしている。同選手は以前、ズネデク・ゼーマン監督が就任したローマに関心があることもほのめかしている。