ニュース ライブスコア

CL出場を諦めないストラマッチョーニ

インテルは22日、セリエA第34節でフィオレンティーナと対戦し、敵地で0-0と引き分けた。アンドレア・ストラマッチョーニ監督は試合後、チャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得を諦めないと話している。

ストラマッチョーニ監督が就任してから4試合、2勝2分けと黒星こそないものの、3位ラツィオとの勝ち点6差を詰めることはできなかったインテル。だが、ストラマッチョーニ監督はまだ諦めていないようだ。

「我々が苦しんだのは彼らの功績だ。CL出場がなくなった? 数字の上で可能性が残っている限り、我々はトライしなければいけない。上には多くのチームがいるけどね」

一方、同監督はこの日のパフォーマンスについて、このように話している。

「攻撃面でのプレーに関しては、一歩後退となってしまった。でも、今日のヴィオラとの対戦は簡単じゃなかったよ。相手がスペースをくれていたゾーンやサイドで1対1を仕掛けるべく、クオリティーのある選手たちをたくさん投じた。(リカルド・)アルバレスや(マウロ・)サラテ、マイコンや長友(佑都)の飛び出しで、部分的にはそれができたね」

「だが、打ち破るのは本当に難しかった。彼らの守備はとてもコンパクトで、実質的に5バックだったんだ。ボールを速く動かしたときは、良い攻めができた。(ディエゴ・)フォルラン? 彼を起用したのは、それが正しい選択だと考えたからだ。今週の連取を見てね。もっとうまくやれたかもしれないが、それは全員に言えることだ」