インテル、マドリー関心のベンフィカFWに注目

ロドリゴを来夏の補強候補に?
インテルは、レアル・マドリーも注目していると見られているベンフィカFWロドリゴに、触手を伸ばそうとしているようだ。スペイン『アス』が伝えている。

インテルは今季、セリエAで不振に喘いでいる。その原因の一つに、前線の不調や決定力不足が挙げられている。今季から加入したFWマウロ・サラテ、ディエゴ・フォルランは期待された活躍を披露できていない。

そこでインテルは、ベンフィカで最近5試合5得点と好調を維持するロドリゴに関心を寄せているようだ。マドリーのカンテラ出身である同選手には、同クラブが買い取りを考慮しているとも伝えられている。

ロドリゴ獲得には、移籍金1200万ユーロ程度が必要になると見られている。インテルは、20歳FWにかけられる移籍金としては高額でないことにも魅力を感じ、ロドリゴを来夏の補強候補に考えているようだ。