ニュース ライブスコア

グアリン代理人、インテルとの接触を明かす

ユヴェントスへの移籍が破談に終わったものと思われるポルトMFフレディ・グアリンだが、まだイタリア行きの可能性が残っているようだ。同選手の代理人が、インテルとの接触を認めている。

ユヴェントスは27日、セビージャからDFマルティンカセレスを獲得することが決まった。そのため、外国人選手枠が埋まり、グアリンを迎えるスペースが消滅している。

そこで、現在はインテルとの交渉が始まったようだ。イタリア『FcInterNews.it』は、マルセロ・フェレイラ代理人のコメントを紹介。同代理人が、「インテルと交渉している。大きな機会だ。まだ公式的なことは何もないが、書類と正式なオファーが早く届くことを願っている」とコメントしたと伝えている。

インテルは現在、MFチアゴ・モッタの移籍が取りざたされているところ。同選手の放出に備えている可能性もありそうだ。