ニュース ライブスコア

2得点のカバーニ 「準決勝では魂を注ぐ」

ナポリFWエディンソン・カバーニは、25日のコッパ・イタリア準々決勝インテル戦で2ゴールを挙げ、チームのベスト4進出に貢献した。同選手は試合後、大会制覇への意気込みを表している。

カバーニはスコアレスで迎えた50分、ペナルティーエリア付近でインテルMFチアゴ・モッタからボールを奪うと、エリア内でT・モッタに倒されてPKを獲得。リーグ前節のシエナ戦で、PKを失敗していたカバーニだが、これを自ら沈めてチームに先制点をもたらしている。

汚名返上に成功したカバーニは、ロスタイムにもカウンターからチャンスを迎えると、インテルDFアンドレア・ラノッキアを1対1でかわし、ダメ押しとなる2点目を奪取。試合後、カバーニは次のように喜びを語った。

「僕らはラウンドを突破したいと思っていたんだ。勝つことができて、満足しているよ。シエナ戦ではPKをミスしたけど、これでよしとしよう。(パレルモ時代に)インテルに移籍する可能性もあった? 僕を最も望んでくれたのはナポリだ。僕は自分を信頼してくれるクラブを見つけることができた」

ナポリは準決勝でシエナと対戦する。カバーニは「全力を尽くすよ。さらに勝ち進むために、ピッチに魂を注ぐ」と意気込みをあらわにしている。