ニュース ライブスコア

インテル、スナイデル放出を否定

インテルは5日、クラブの公式ウェブサイト上で、MFヴェスレイ・スナイデルの移籍についてマンチェスター・シティと交渉したとの報道を否定した。また、MFデヤン・スタンコビッチもクラブの公式チャンネルで残留を強調している。

インテルのマルコ・ブランカTD(テクニカルディレクター)は5日、ロンドンでシティとの交渉に臨んだ。FWカルロス・テベス獲得の可能性を打診するためだ。イギリスやイタリアの一部メディアは、インテルとシティがスナイデルの移籍についても話し合ったのではないかと報じている。

だが、インテルは声明を発表。ブランカTDが「今日のシティとの会談で、スナイデルについては話していない」と述べ、移籍の可能性を否定した。

一方、アメリカ移籍の可能性が取りざたされているスタンコビッチも、次のように話している。

「アメリカ? 何も知らないよ。クリスマスのバカンスから戻ったら、たくさんの人から聞かれたけど、本当に何も知らないんだ。それに、自分がマーケットに出ているとは思わない。95%、インテルでキャリアを終えると思う。100%と言わないのは、僕はここでキャリアを終えたいけど、それは今のレベルを維持できた場合に限るからだ。とにかく、どこかへ行く可能性はゼロだよ」

「今までの自分の選択は常に正しかった。ミランに行くことは絶対にないとも言っておく。不可能だ。想像もできないことだ。パルチザンへ行くことがないように、ミランへ行くことは絶対にない」