ニュース ライブスコア

インテル、パラシオ断念でサラテを獲得

インテルは31日、ラツィオからFWマウロ・サラテ(24)を獲得したことを発表した。買い取りオプション付きのレンタル移籍で、サラテは2015年までの契約にサイン。完全移籍が実現すれば、インテルで4年間プレーすることになる。

同日にウルグアイ代表FWディエゴ・フォルランの加入も正式発表していたインテルだが、クラブはジャン・ピエロ・ガスペリーニ監督が採用する布陣に適したほかのストライカーの獲得にも着手。ジェノアFWロドリゴ・パラシオの獲得が難しくなったことを受け、サラテ獲得を決めたようだ。

サラテは約300万ユーロのレンタルでインテルに加入すると見られ、買い取り金額は1500万ユーロに設定されたようだ。イタリアの報道によると、選手のサラリーには、アシスト数に応じたボーナスも含まれているという。

サラテはイタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』のインタビューで、次のように意気込みを表している。

「ここに来ることができて、とてもうれしく思っている。すごく大変な交渉だった。僕のファーストチョイスはインテルだったよ。ラツィオの会長と監督に言うことはない。インテルにはアルゼンチン人選手が多いから、これも素晴らしいね」