ニュース ライブスコア

インテル、最後にパラシオ獲得なるか?

アトレティコ・マドリーからウルグアイ代表FWディエゴ・フォルランを獲得することが確実になったインテルは、マーケット終盤戦でジェノアFWロドリゴ・パラシオの獲得を目指している。

インテルのジャン・ピエロ・ガスペリーニ監督は、以前から古巣ジェノアからパラシオを獲得するように望んでいる。一時はローマへの移籍も騒がれた同選手だが、ジェノア側は「我々に必要な選手」と残留させる意向を示している。

だが、インテルはパラシオを諦めていないようで、30日もジェノア側と交渉。インテルのマッシモ・モラッティ会長やマルコ・ブランカTD(テクニカルディレクター)ら首脳陣が会議を開いており、パラシオ獲得の可能性を検討しているようだ。

モラッティ会長はイタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』のインタビューで、「何もニュースはない。我々の補強はこれで終わりかもしれないね」とコメント。ブランカTDも会議後、「言うことはないよ。補強は終了? 終わりだよ」と話している。それでも、パラシオ獲得の動きは移籍市場最終日も続くと言われているが…?