「シティがファン・ボメルを狙っていた」

代理人がコンタクトを明かす
ミランMFマルク・ファン・ボメルの代理人を務めるミーノ・ライオラ氏は、夏の移籍市場でマンチェスター・シティが同選手の獲得を試みていたと主張した。

アフリカ・ネーションズカップでシーズン途中にMFヤヤ・トゥーレを欠くことになるため、移籍市場が閉まるまでに中盤の補強を目指すシティは、ファン・ボメルを理想的な存在として見ていたそうだ。しかしミランはシティのオファーをすぐに拒絶したという。

「シティがマルクにアプローチした。しかしミランの反応は、はっきりしていた。彼はどんな値段でも売りに出されていない」とライオラ氏は、オランダ『フットボール・インターナショナル』に語った。

「シティは補強を目指していた。アフリカ・ネーションズカップの間、ヤヤ・トゥーレを欠くことになるからね。彼らは、マルクがナイジェル・デ・ヨングと素晴らしい連携を見せていることを理解している。それがシティがマルクにアプローチした理由だ」