フィオレンティーナ、オーナー退陣の可能性も

デッラ・ヴァッレ:「続ける条件がないなら去る」
フィオレンティーナのオーナーであるデッラ・ヴァッレ・ファミリーのアンドレア・デッラ・ヴァッレ氏は7日、クラブの公式ウェブサイト上で声明を発表し、現在の状況ではデッラ・ヴァッレ一族がクラブを去る可能性があると訴えた。

昨季も不本意な成績に終わったフィオレンティーナでは、シニシャ・ミハイロビッチ監督や大型投資をして補強に動くことがないクラブの方針に不満を抱くサポーターが、度重なる抗議をしている。一方で、デッラ・ヴァッレ一族が以前から目指してきたスポーツセンターを含む新複合施設建設が自治体から認められないことも、オーナー陣の怒りを誘っているようだ。

アンドレア・デッラ・ヴァッレ氏は声明の中で、次のように訴えている。

「私はこの上なく明確に、街と真のサポーターたちが何を望んでいるのか、フィオレンティーナの未来のために何を待っているのかを知る必要がある。スポーツへの情熱、ともにできるだけ良い未来を築き、娯楽のためにスタジアムへ行く喜びを全員に与えるための意欲をもって、ともに道のりを続けていくことを受け入れるための理由がまだ存在するのかどうか、それを知る必要があるんだ」

「それらの条件が整っていないのであれば、これまでも何度となく明確にしてきたように、オーナー陣には去る準備がある。フィオレンティーナのことを本当に大切に思うすべての人間の声を聞く必要があるんだ。それらの声は、何もないところから我々が一緒につくってきたこのクラブの近い将来について決断する上で、何がベストかを理解させてくれるはずだ」