ステケレンブルフ:「ローマでの目標はタイトル獲得」

L・エンリケも称賛
アヤックスからローマへ移籍したGKマールテン・ステケレンブルフが6日、入団会見に応じた。オランダ代表守護神は、新天地イタリアでトロフィーを掲げたいと意気込んでいる。

息子さんの誕生日という「24」の背番号をつけることが決まったステケレンブルフは、ルイス・エンリケ監督のプロジェクトに共感を覚えているようだ。

「ここに来ることができて、とてもうれしい。誇りに思うし、あとはシーズンが始まるのを待つだけだ。ローマが僕を求めてくれたとき、それこそが僕が望んでいたことだった。目標はトロフィーを獲得することだ。フォルツァ(頑張れ)、ローマ」

「全力を尽くしたい。ローマのプロジェクトが大好きだからだ。ルイス・エンリケ監督とも話をしたけど、彼のサッカー観にはすぐに納得させられた」

一方、L・エンリケ監督もクラブ公式チャンネルの中で、ステケレンブルフについて、次のように賛辞を述べている。

「彼はチームのレベルを上げてくれる選手の一人だ。クラブは彼の獲得を強く望んだ。今朝、最初の練習をしたけど、うまく溶け込めると確信しているよ。ローマのグループは素晴らしいからね」