ニュース ライブスコア

ジョナタン:「インテルでのチャンスを逃さない」

今夏インテルに加入したDFジョナタンが28日、入団会見に臨んだ。新たに日本代表DF長友佑都のチームメートとなった同選手は、新天地での意気込みをあらわにしている。

500万ユーロの移籍金でサントスからインテルに加わったジョナタン。インテルと2015年までの契約を結んだ同選手は、次のように語った。

「僕は主に4バックでプレーしてきたけど、中盤のサイドにも適応できる。僕にとっては同じことさ。背番号(42)? 僕が好きなのは2番と4番なんだけど、インテルでは(イバン・)コルドバと(ハビエル・)サネッティのものだ。だから、単純に足したんだよ」

「クルゼイロとサントスで、僕は多くの勝利を手にした。最優秀サイドバックにも選出してもらったよ。ヨーロッパで飛躍する準備はできている。インテルは大きなチャンスだ。これを逃すことはしないよ」

ジョナタンのアイドルは今回チームメートになったDFマイコンだ。だが、ジョンタンはポジション争いへの準備は万端だと話している。

「マイコンはインテルで歴史をつくった。僕は彼のことをすごくリスペクトしているんだ。彼のようなキャリアを築けるように願っている。でも、僕はハードワークし、自分のポジションを勝ち取るためにここへ来たんだ」

フィジカルに問題を抱えてきたジョナタンは、「確かにこの数年はケガがあった。必要ないときでも常に出場してきたからだ。でも、今は回復しているところだよ」と述べたが、ミランとのイタリア・スーパーカップは欠場する。同選手は「リスクを冒したくないんだ。100%になったらピッチに立つ」とつけ加えた。